風呂敷は撥水加工したものがおすすめです

撥水加工とは、水をはじく性質を与える加工をすることです。
風呂敷は品物を包むという役目があります。大切に思う

撥水することで、雨の日でも安心して
贈り物を持ち運ぶことができます。

風呂敷にお使い物を包んで持参する方、
お歳暮を包むと言う方、いらっしゃると思います。

紙袋でも良いのですが、上部が丸ごと開いていますので
雨がポツッと当たると中身の表面にシミができて気になってしまいます。

お贈りするお相手の方へ、気付いたかな、とどきどきしながら渡すことになります。風呂敷で平包みしておけば、全面を覆って持ち歩くことができます。

その風呂敷が撥水加工したものであれば、少々雨粒が降りかかっても
弾き飛ばしてくれます。気持ちを大事にする

多少残った水滴も、パパッと手で払うと飛んで行きますし、
ハンカチで押さえればなお汚れを防ぎます。

また風呂敷そのものの汚れもはじき、防ぐことになりますので、
汚れにくい点も使いやすさにつながっています。

大き目のものを1枚持っていると、何かと便利ですが、
撥水加工してあるものであれば、なお安心して使うことができます。

買い物袋の代用としても、撥水加工してあれば、
冷たい荷物の結露が洋服に染み付くことを防ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)