風呂敷の歴史はいつ頃から?

さらに進化させて風呂敷の名称が一般に広まったのは元禄時代頃とされていますが、
物を包む布としての歴史は正倉院の所蔵物の中にある、
奈良時代の舞楽装束を包んだ布に見て取れます。

この布は現在の風呂敷とは違って中身を固定するための
紐が取り付けられており、名前も「平包」などと呼ばれていました。

室町時代頃になると入浴時の着替えの際、風呂の床に敷いて使用した布が
「風呂敷」と呼ばれるようになります。

さらに元禄時代になって銭湯という商いが広まると、
庶民の間で風呂に持っていく衣服や入浴道具を布で「包む」行為が、
小さな荷物を持ち運ぶのに便利だと気付いた行商人によって、
反物や道具などの商品を持ち運ぶ手段に使われます。
今後に活かす
そうして風呂敷は名称と共に「敷物」ではなく
「包む布」へと移行していき、現在に至ります。