風呂敷の素材について

日本人として風呂敷の素材は、絹や綿のほかにも化学繊維でできたものもあります。

用途や状況などに合わせて、素材からの選択をするのもいいです。
織り方も様々で、ちりめんや綸子や絽や白山紬など、があります。
絹のものはドライクリーニングに出す必要がありますので、
ぬれたり汚れたりするときには極力、
綿などの洗濯しやすいものを選択するといです。

風呂敷はただ包むだけではなく、結び方などによっては肩掛けカバンや
リュックサックのように使用することもできますので、
子供用の小物として使う時や洋服などにアレンジするときには、
大判で洗濯が簡単にできるような風呂敷を使用すると、
気兼ねなく使うことができます。様々用途がありますので、
色柄だけでなう素材も選択できます。良さを理解する